マンションと一戸建てはどちらが優れているのか

不動産と一口に言っても、一戸建てとマンションの一室では、大きな違いがあります。
値段も違いますし、住み心地も違います。
将来的な資産価値も変わってくるので、どちらがいいかは慎重に判断をするべきでしょう。
まず、都市部では一戸建てはかなりの値段になってしまいます。
東京は地価が高いので、専有面積がどうしても広くなってしまう一戸建てはコストの面で不利になります。
マンションは、自分の所有する土地の面積はかなり狭くなります。
それゆえ、安価に購入もできる可能性も高いです。
タワーマンションの低階層部分なら、立地がよくてもかなり安いケースも目立ちます。
ただ、マンションは隣人付き合いも大変になります。
部屋が独立して存在しているわけではないので、騒音問題には注意をしなければいけません。
修繕積立金も必要になりますし、自分の好きなようにリフォームをすることも難しいです。
庭でガーデニングがしたいだとか、ペットを飼いたいという人には、一戸建ての方がいい場合もあります。