アパートの建て替えで退去時の立退料

賃貸物件は、老朽化によって建て替えがされることがありますし、物件を新しくして価値を高めるために建て替えをすることもあります。
建て替えなので、今利用している人には退去してもらう必要があります。
借主は賃借権があり、通常は貸主は簡単には退去してくださいとは言うことはできません。
言ったとして拒否されることもあります。
老朽化がひどくて建て替えをする場合は、退去を申し出るときの正当事由に該当します。
この場合は従う必要があるかもしれません。
この時、立退料を受けることができるかです。
貸主の事情で退去する時には支払ってもらえることが多いとされています。
次に住むところを探したり、引越しをするための費用がかかったりすることもあります。
立退料は、正当事由で退去してもらえないときに取る方法の一つになります。
そのため正当事由がある場合、必ずしも必要ではありません。
貸主によっては、利用者へのお礼を込めて払ってくれることもありますが、請求することはできません。